*フォトグラファー村田わかなのフォトブログ*
 『あれからずっと放課後』
    Photographer Wakana Murata
    HP:muratawakana.com

☆掲載している写真は無断で使用しないでくださいね☆
ブーゲンビリアのような実?

 今日、撮影の合間に見つけた植物。


ブーゲンビリアの花のような感じですが、この中に
グリンピースのような種がコロンと入っています。
なのできっと実なんです。



「早く仕事に戻らないと・・・」
とライターさんに叱られながら、つい可愛くって
写真を撮ったものの、何ていう名前なのでしょう?

気になる・・・。



 

flower comments(0) trackbacks(0)
お経の話

 今日も雨。

バロンくんの命日に涙雨だなぁ〜

しばらく雨続き・・・
 

 

こんな時だし、たまにはお経のお話を。
 

 

瞑想断食以来、座禅の本などを読むうちに

「延命十句観音経」というお経に出会いました。

本の後ろの方に書いてあったので、何の気なしに

ふりがなを声を出して読んでみました。
 

 

かんぜーおん なーむーぶつ って。


 

 

そうしたら、

突然涙がうわ〜っと止まらなくなって、

心の中にあったわだかまりが

涙とともに流れ出ていった感じがしたのです。
 

 

お経にこのようなパワーが秘められていたなんて!
 

 

でも、思い出したんです。
この感覚、知ってる。

マリア様の波動を感じた時と、波動が似ている!
 

 

どの登山道を登っても行き着く山頂は一緒なのかなぁ〜

と思っていたのでご縁のあった道に進んでいけばいいと

感じていましたが、観音様とマリア様、宗教は違うけど

同じような波動ってどういうことなのでしょうね。
 

 

見えない世界には、謎が多いです。
 

 

バロンくんは深大寺の動物霊園でお骨にしていただいたので、

きっとちゃんと観音様に天国に連れていっていただけたと

信じています。
 

 

しばらくは、ここにいてくれるのかなぁ〜

次会えるのはお盆なのかなぁ・・・
 

 

随分前に読ませていただいた天外伺朗さんの

「般若心経の科学」っていう本に

「あの世には空間がない」とあるので

私が会いたいよ〜って思えば、きっといつでも

帰ってきてくれるのかな。
 

 

元気でね。

 

 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
天国に旅立って一年

 早いものですね。
バロンくんが天国に旅立ったのは、一年前の10/14。

実家で生まれて、他のプードル軍団と馴染めず、私が帰ると
いっつも膝の上に乗ってきてそのまま寝ちゃうバロンくんを
「もうすぐ会社辞めて暇になるから連れて帰っちゃおう」と
なんとなく飼い始めたのに、いつの間にかなくてはならない
存在になって19年10ヶ月。



普段のお出かけはもちろん、撮影の合間は車でお昼寝して待っていて、
一緒じゃないとクライアントさんに「今日バロンくんは?」
と聞かれちゃうぐらい。

大学の撮影の途中に雨が降り出すと、窓を開けっ放しなので
心配して守衛さんが電話してきてくださったり、周りの方に
たくさんご迷惑をおかけしつつも、気にかけていただき・・・

新幹線に乗って京都に行った時も、会社で一緒だった方と
犬カフェ行って子供ちゃんにたくさん写真を撮ってもらって
ちゃんとオスマシするし、

 



間違って真冬に羽化しちゃったベランダのレモンの木で育った
アゲハ蝶とも仲良く暮らし、

 

 

2軒先の猫ちゃんとも動物の種類には囚われず仲良し。



海外ロケと夏の撮影以外どこに行くにも一緒で、
食べられるものは同じものを食べて・・・
 

 

いつの間にか少しずつ歳をとって、
体も不自由になってきて・・・


夜中に発作が起きたから、

お腹の上に抱っこしたまま朝を迎え
一緒に撮影に行った帰りに病院に寄って、

その帰り道運転する私のお膝の上で静かに息を引き取って
もう一年経ってしまったのですね。

直視すると悲しすぎるから、
時々思い出してたくさん泣いて
少しずつ気持ちが和らいでいってくれるのを
そっと待っているのに、
ちっとも悲しい気持ちがなくならなくて・・・

お盆と命日には帰ってきてくれるというから
ご飯を作って、気配を感じるのは嬉しいけど、
悲しい気持ちがなくなるのには
どのぐらいの時間が必要なのかしら?

天国では、幸せにしているのかな。

 

baron comments(0) trackbacks(0)
フォトレッスン

 会社時代のセンパイからのご依頼で、「写真の撮り方教室」を

お引き受けさせていただいたのですが、
どこからお教えしたらいいのかしら・・・?

久しぶりに石けんを作ったので、教材も石けんの写真にしちゃおう〜っと、
資料作成中。



そういえばかなり昔、
お知り合いのカメラマンさんのピンチヒッターで
某デザイン学校の写真の授業に伺わせていただいたら、
その後授業を持ってくれませんか?と
お話をいただいたことを思い出しました。

感覚派の私に技術指導を望まれても・・・
というわけでお受けできませんでしたが、
写真哲学とかだったら楽しかったかも!と
今更ふと思いました。

授業アンケートには
「先生の授業はポヤポヤして眠たかったけど、面白かったです」
とかありました〜www


 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
吹きガラスと夏野菜の葛寄せ

 吹きガラスの素朴な佇まいが、なんとも可愛らしくて。
作り手さんが息を吹き込んだときに、本当に命を吹き込まれちゃった感じ。



夏野菜を葛で寄せてみました。



ごま油で茄子を炒めたら、うっかり薄口醤油をかけたい衝動にかられ、
なので色が茶色になってしまった・・・
撮影だけのことを考えたら、トマトも湯むきしない方がツヤツヤして
フォトジェニックなのに・・・
ついつい食いしん坊が撮影の邪魔をしてしまう・・・

 

お仕事じゃないから、ヨシとしちゃいます〜

 

food & cafe comments(0) trackbacks(0)
満月だったのですね

 どうもお月様が丸いと思ったら、今日は満月だったのですね。



三脚立てて、写真を撮っていたら酔っ払いのおじさんに
「あじさいは夜がいいの?」
「あ、今日満月なので。」
「で、あじさいはやっぱり夜撮るのがいいの?」
と絡まれつつ・・・



満月って、360°のホロスコープで見ると月と太陽が
オポジションの真逆にいるわけで、
男性性と女性性、理性と感情、顕在意識と潜在意識が
180°凶角で緊張状態。

今日はさらに、太陽と冥王星(破壊力)失望感、

月と火星(攻撃性)争いごと、もオポジション。

おまけに幸運の星木星がそれらの星たちと

90°の凶角Tスクエア。

ハァ〜
やっぱり星のエネルギーは、侮れません!

 

 

 

こんな時こそ、笑顔が大事なんですね。

 

 

 

diary comments(5) trackbacks(0)
北鎌倉へ

 早起きして、円覚寺へ伺わせていただきました〜
山門をくぐると、鶯の鳴き声が聴こえ、外とは違う空間に入った感じ。

 

3月に書籍の撮影をさせていただいた管長様の
「盤珪禅語録」のお話を聴かせていただきました。

ちょうどお仕事のことで心に引っかかるものがあったのですが、
お話の中に答えを見つけることができて、伺わせていただいて
本当によかったです。

 


お話と坐禅のあと、お庭を散策。
まだ昨日の雨の雫が残っています。

 

蝶々がゆらゆら飛んでいて、虫たちは蜜を求めて花から花へ。







鵠沼海岸の学校にずっと通っていたのに、

北鎌倉まで足を伸ばすことがなかったのです〜

時間がゆったり流れていて、自然に癒されました。

大人になったから、良さがわかるのかな。

 

 

flower comments(0) trackbacks(0)
ビーツのスムージー

 6月に入った頃から、マルシェにビーツが出始めました〜
この季節、毎日飲んでいるグリーンスムージー。

本当はグリーンの葉野菜とフルーツで作るのですが、
断食療法の故・甲田光雄先生の本によると、
自家製青汁とにんじんジュースを毎日飲むことをオススメされていて、
にんじんジュースはゲルソン療法でも飲んでるしやっぱり良いのかなぁ〜
と思い、最近は人参とビーツも入れています。



なので、こんな綺麗な色に!
トッピングは色が可愛くなるので、chuchuに送ってもらった
ホワイトチアシードとカカオニブ。

ちなみに甲田先生の青汁は、繊維とジュースを分けたものを飲むようですが、

何度か取材させていただいた白澤卓二教授の訳された

『「いつものパン」があなたを殺す』という本によりますと、
中ぐらいのりんご(食物繊維を含む)ペクチンに由来する糖質は44cal、
ジュースにして凝縮した350ccの場合、80calの糖質になるとのこと。


スムージーの方が繊維も丸ごとなので、滑らかに吸収されて良いのかなぁ〜


ビーツは一週間前より、今週の方が葉っぱの虫食いが
だいぶん多くなっていました。

冬のお野菜が甘いのは、凍結から身を守るためで、
虫が多くなってくると、虫たちから身を守るために
葉っぱが辛〜くなるんですよね。

スムージーに辛い葉っぱは嫌なんですけど・・・(涙)
野菜たちの生きる知恵ですから、ね。
 

raw food comments(0) trackbacks(0)
シンクロニシティ

 最近これがシンクロニシティというんだなぁ〜

ということがすごくよく起こるんです。

 

 

バターを煮込んで自分で作るほどではないなぁ〜

でもあったら便利だなぁ〜と思っていた「GHEE・ギー」

 

先日、スクエアクリニックの先生の取材をさせていただき、

なんとギーをいただいてしまい、「欲しかったんです〜!」

と心の中で叫んでしまいました〜!

(6/7から日経グッデイで掲載スタート・

 お話すごく面白かったです!)

 

 

他にもたくさん。

昼間お話に出てきたものが、夜読んだ本に詳しく書いてあったり、

検索したところから、昨日たまたま聞いたものが繋がっちゃったり。

とにかくこれでもか!

と色々なものが繋がって登場してくるんです。

 

 

ユングの唱えるシンクロニシティですが、

集合的無意識と繋がることで起こってくるようですね。

 

 

ペンドュラムで心のブロックを解放したり、断食や瞑想

座禅で自分の中のお掃除が出来てきたってことなのかなぁ。

 

 

バガヴァッド・ギーターのお勉強会。

断食で同室だった方に教えていただいて、昨日も

おしゃべりしながら一緒に参加してきました。

 

ブラフマン(全体)=アートマン(一部)

というお話があり・・・

 

「個と全体との繋がり」

これがひょっとして、シンクロニシティの繋がりの定義に近いのかなぁ、

とふと思ったわけなんです。

 

昨日、このお話に触れたのも、

シンクロニシティだったのかなぁ。

 

 

 

diary comments(2) trackbacks(0)
週一断食、すごい!

 4月の初めの瞑想断食会から1ヶ月半。

会でお会いした15回以上参加しているという方に、
そのまま週一断食を生まれた曜日にすると良いらしい
と聞いたので、挑戦して5週過ぎました。

食事を抜くのは前の日の夕飯から翌日の夕飯までの
24Hで良いらしいのですが、
空腹に負けて夜たくさん食べてしまっては
胃腸に負担をかけてしまうので、夜は食べず、
私は1日半の断食を続けています〜

食べていない方が集中できそうかなぁと夕方からの
座禅会に2ちゅう参加させていただいていただいて、
座禅にも少しだけ慣れてきました。



「週一断食で万病が治る」の三浦直樹先生も野口法蔵師の
断食瞑想をやっていらっしゃるようで、週一断食を4週やると
2泊3日の会に参加したのと同じ効果が期待できるとのこと。



本には2泊3日やらないと、この梅干しの大根スープを飲んではいけないと
書いてありますが、私は飲み続けています〜
断食会では大根を煮ただけでしたが、昆布も入れた方が美味しいかな、
と家なので勝手にお出汁入り仕様。

最初の2杯はスープに梅干しを溶いたものだけ、
3杯目から大根もいただき4杯が原則です。

これがデトックスのお約束。

断食は合う人合わない人がいらっしゃるようですが、
私は合っているようで、口腔外科に通っている舌の
病気もみるみる良くなっています。

他にもポリープの症状がなくなってきたり、
お肌も調子が良くて、相変わらずの一人臨床を
続けています。

断食、かなりオススメです〜!

 

health comments(2) trackbacks(0)
| 1/48 | >>