*フォトグラファー村田わかなのフォトブログ*
 『あれからずっと放課後』
    Photographer Wakana Murata
    HP:muratawakana.com

☆掲載している写真は無断で使用しないでくださいね☆
Fraises au chocolat

 戴いたイチゴをバレンタインバージョンにしてみました♡

溶かして残ったチョコレートにはミルクを入れて

Chocolat chaud! 美味しくって飲みすぎちゃいます〜



昔、香港からの帰り便ファーストクラスのチョコレートは
ペニンシュラのものが搭載され、このイチゴのチョコディップが

大好きで、ギャレーの片付けしながら、よくつまんでいました〜

好きなものを食べたい時に食べられるのも、
あと数日・・・

しばらくは管理されたごはん生活です。



 

food & cafe comments(0) trackbacks(0)
ふるさと納税

 初めて「ふるさと納税」してみました。


周りの方に聞いてみると、お米やお肉がオススメとのことでしたが、
お米は無農薬のお気に入りの農家さんから買わせてもらっているし、
お肉は食べないので、何にしようかと散々悩んで・・・



北海道 幕別町のNEEDSのチーズ詰め合わせと、佐賀の獲れたて
冷凍いちごが到着しました〜!

いちごはスムージー用にと思ったのですが、そのままでも
いちごミルクでも。
チーズはフレッシュなせいか賞味期限が短めで、
槲(かしわ)というのからいただいてみましたが
止まらない!美味しいです!

この後さらに北海道 音更町のよつ葉チーズが届きます。

そして今日は、SHIBUYA CHEESE STAND にランチしに行き、
リコッタチーズが美味しすぎて危うく買って帰りそうになりました。

どれだけチーズが好きなのでしょう・・・!

 

会社時代の先輩シュヴァリエールさんが、国産のチーズを

開拓していらっしゃるとお話を伺ったのですが、

ホント日本のチーズも美味しいのですね!

「ふるさと納税」楽しいです〜

 

food & cafe comments(0) trackbacks(0)
擬死再生?

 5日に舌の一部を切除して、今は病理検査中です。
先生は、その日のうちからご飯食べられますよ〜なんて
呑気におっしゃっていましたが、とてもそんな気にはなれず、
帰ってきた午後から昨日も丸一日食事を摂らず、
今日からやっと普通に戻しつつあるところです。

週一断食で食事を摂らないのには慣れているのですが、
やっぱり痛くて、お薬たくさん飲んじゃいました。

 

『家庭でできる自然療法』
Gaiaのカフェで「貧血症」のページをみたら、すごくぴったりで・・・

(一部抜粋)


「殆ど胃腸障害といっていい位で、殊に腸が悪い。
 脂肪も吸収されにくく、その代りエネルギー源として細胞に
 吸収されやすい糖分を要求するので、血液がますます汚れて酸性になり、
 胃腸障害が悪化して無気力化するという悪循環の繰り返しをする。」

そうなんです!胃腸が弱くて、甘い物が大好きなんです。
無気力化・・・確かにあまり前向きには生きていません。

 

「舌」のところを参考にしようと、

体質改善を目指して買ってみました。

 

まず甘い物減らしなさい、ってことだと思いますが・・・。


心理学のお勉強会では、

エゴサイド(古い自我を殺すことによる再生)

のお話しを聴いて、

その後、吉野山の修験道「擬死再生」の映像を観て、

どうも最近入って来るメッセージは

「一度死んで生れ変る」なんですよね。
 

 

悪性だったら死んじゃうのかな、とは考えましたけど

このメッセージを具対的に理解するには

どうしたら良いのかしら?
 

 

清水の次郎長親分の・・・

ある日旅の僧に「死相がでている」と言われ、

どうせ死ぬなら田畑を売り払って人の為に尽そう、

と生き方を変えたことで寿命も延びた、

というお話のような感じでしょうか?

これが天外伺朗さんが『無分別智医療の時代へ』で
おっしゃっている「自己変容」なのかなぁ〜
 

 

ギシサイセイ・・・イチド シンデ ウマレカワル・・・

難しい課題です。



 

health comments(0) trackbacks(0)
デーツと干柿

明けましておめでとうございます,again

 

最近、おしるこの小豆を炊く時、

お砂糖代わりにデーツを入れています。

 

黒豆は分量の半分ココナッツシュガーを入れて、

甘さの調整にまたデーツ。

 

 

なますには干柿がお砂糖代わり、

柚をタップリ入れて。

甘さが程良くって、オススメです〜

 

 

food & cafe comments(0) trackbacks(0)
明けまして、おめでとうございます

 新年、明けましておめでとうございます!
 

 

 


 

 

年賀状、30日にやっと準備に取り掛かったのですが、

プリンターを修理に持って行って!って表示が出ましたので、

今年はこちらでご挨拶させて頂きます。
 

 

もしもお写真を、とおっしゃって下さる方は

修理後お送りいたしますので、お知らせくださいませ〜
 

 

1月5日は私も修理の日になりました。

人生初、メスをいれます。

口の中なので、数日間は美味しいものが食べられなくなりそうです(涙)
 

 

ポンコツ・スタートですですが、

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

flower comments(0) trackbacks(0)
新年初めの朝課

 満月近いお月さまが、眩しく感じられる
まだ夜が明けるずっとずっと前の早い時間。



新年の朝課(経読)を見させていただきに、円覚寺へ。
丁度、管長さまをお迎えするところ。




お腹の底からの読経の迫力に、感動いたしました。



普段は入ることの出来ない僧堂ですので、
貴重な機会です。

そして、江島神社のご神紋と同じ
ミツウロコですね。
 

 

白龍様も素敵なんです。


 

 

新しい年、身を引き締めてスタートいたしました!


 

diary comments(0) trackbacks(0)
お礼のお詣り@江島神社

 毎年、元旦にお詣りさせていただく江島神社に、
お礼詣りに行ってきました。


雪化粧の富士山、今日も美しかったです〜



以前はお正月でも、中津宮、奥津宮はとっても静かだったのですが、
ここ数年凄く人気で大賑わい。



八臂弁財天さまとお話しさせて頂いて、
お不動様にもパワーをいただき、

お天気がよくて、のんびりお散歩しながら、
久しぶりに江ノ島に浸ってきました〜

 

観光だけの方はたくさんいらっしゃいましたが、
お詣りされている方はチラホラ。
お正月より、穏やかで良いですね。

なんだかとっても良い年を迎えられそうです。

 

diary comments(0) trackbacks(0)
病気との接し方

 心理学のお勉強会に行って来ました〜
精神科のお医者さまや、薬剤師さん、セラピストさん、
プロの中にポツンと混じって・・・
興味深くて、あっという間の2日間でした。



躁鬱(そううつ)
躁の方がハッピーで良さそうなのに、より病状としては問題のようで、
鬱の苦しみの中から自我を殺して変容する。
エゴサイド、価値観を手放す。



一度死んで生まれ変わる。
タロットでいうDEATHの流れですが、往生際が悪くて
執着が捨てられない人にはTHE TOWERによって
嫌が応にも変えさせられる。

ハードなようですが、
生きていく上では必要なことなのですね。

『風邪の効用』という本に、「風邪は病気というよりも、
風邪自体が治療行為ではなかろうかと考えている」
というのを読んで以来、ちょっと咽が痛いからといって
薬を飲むのをやめてみたら、それ程悪化しないまま
過ごせています。

悪者として排除する事をやめて、その存在を受け入れることの
意味や大切さを、病気を通じて教えられている気がします。

パーソナリティー障害
ボーダーライン、症例を見ていたら、以外と身近に。

結構キツいけど、距離の取り方、接し方を
キチンと学ぶ為の、今回のご縁だったのかな。


イブミサ、お友達に合流しようかと考えましたが、

静かに咀嚼する事にしました。。。

 

 


 

psychotherapy comments(0) trackbacks(0)
ブーゲンビリアのような実?

 今日、撮影の合間に見つけた植物。


ブーゲンビリアの花のような感じですが、この中に
グリンピースのような種がコロンと入っています。
なのできっと実なんです。



「早く仕事に戻らないと・・・」
とライターさんに叱られながら、つい可愛くって
写真を撮ったものの、何ていう名前なのでしょう?

気になる・・・。



 

flower comments(0) trackbacks(0)
お経の話

 今日も雨。

バロンくんの命日に涙雨だなぁ〜

しばらく雨続き・・・
 

 

こんな時だし、たまにはお経のお話を。
 

 

瞑想断食以来、座禅の本などを読むうちに

「延命十句観音経」というお経に出会いました。

本の後ろの方に書いてあったので、何の気なしに

ふりがなを声を出して読んでみました。
 

 

かんぜーおん なーむーぶつ って。


 

 

そうしたら、

突然涙がうわ〜っと止まらなくなって、

心の中にあったわだかまりが

涙とともに流れ出ていった感じがしたのです。
 

 

お経にこのようなパワーが秘められていたなんて!
 

 

でも、思い出したんです。
この感覚、知ってる。

マリア様の波動を感じた時と、波動が似ている!
 

 

どの登山道を登っても行き着く山頂は一緒なのかなぁ〜

と思っていたのでご縁のあった道に進んでいけばいいと

感じていましたが、観音様とマリア様、宗教は違うけど

同じような波動ってどういうことなのでしょうね。
 

 

見えない世界には、謎が多いです。
 

 

バロンくんは深大寺の動物霊園でお骨にしていただいたので、

きっとちゃんと観音様に天国に連れていっていただけたと

信じています。
 

 

しばらくは、ここにいてくれるのかなぁ〜

次会えるのはお盆なのかなぁ・・・
 

 

随分前に読ませていただいた天外伺朗さんの

「般若心経の科学」っていう本に

「あの世には空間がない」とあるので

私が会いたいよ〜って思えば、きっといつでも

帰ってきてくれるのかな。
 

 

元気でね。

 

 

 

diary comments(0) trackbacks(0)
| 1/49 | >>